連載・寄稿

2021.12.03 News 連載・寄稿

日本の「出る杭は打たれる文化」で総合的納得感を得るためには… 三浦瑠麗のイチから始めるダイアログ

今回は、「コロナ禍において、世間の空気は圧倒的で、少しでも世間の自粛ムードに沿わない言動をすると、困り物扱いされてしまいました。親として、他者と違って然るべきであること、そのような社会を受容することの大切さを伝えていきたいと常々考えています。ただ、日本ではそれは叶わないのかな、と諦念のようなものを抱き始めました。三浦さんは、このような日本についてどのように考え、どのように行動されているのでしょうか。」というご質問にお答えしています。

全文は下記詳細よりご購読の上、ご覧下さい。

*本ニュースレターでお答えする質問は、広く読者の皆様から募集しています。もしこたえてほしいことがありましたら、ぜひdesk@wiss.newsまでメールにてお問い合わせください。