リリース

新型コロナに関する緊急意識調査(第二回)最終版Coverpage

2020.06.16 News リリース

新型コロナウイルスに関する 第二回緊急意識調査を行いました

新型コロナウイルス(COVID-19)禍が社会や人びとの生活にもたらしている影響はいかなるものであり、いま経済的に苦境にある人がどれだけいるのか。どれだけの人びとが自分や家族の健康不安を抱えているのか。その心理的影響や、緊急事態宣言下の外出や働き方はどのようだったのか。「新しい生活様式」について、また、新型コロナウイルス禍で影響を受けた人びとや団体に対する寄付意向についてもきいています。新型コロナウイルスに関する第二回目緊急意識調査結果をまとめました。

シンクタンク株式会社山猫総合研究所(山猫総研)は一般財団法人創発プラットフォームと協力し、18 歳以上の男女2,190人を対象に新型コロナウイルスに関する第二回目のインターネット調査を実施しました。調査は株式会社日経リサーチに実施を委託しています。

新型コロナウイルスに関する第二回緊急意識調査結果こちらをご覧ください。

第二回緊急意識調査報告書こちらをご覧ください。

2020年4月27日-28日に実施した新型コロナウイルスに関する緊急意識調査(第一回)はこちらからご覧ください。